サイト運営者に関して トランジェンダーウーマンを尊重することがよい出会いに繋がります

My Transsexual Date はトランスジェンダーウーマン(トランスセクシャルウーマン、トランスヴェスタイト)に特化した国際出会い系サービスです

使命

私たちの使命は、トランスジェンダーウーマンと彼女達を愛する男性の為の上質で真面目な出会い系サービスを提供することです。インターネットの影響によりポルノや売春を連想させる現在のトランスジェンダーウーマンの悪いイメージに対しても異論を唱えていきます。トランスジェンダーウーマンと"トランスジェンダーを愛する男性"との真面目なウェブサイトやオンラインの資源はほとんどありません。特に性的要素のないトランスジェンダーウーマンの出会い系サイトはひとつもなかったので、私たちはMy Transsexual Dateをオープンさせることにしました。

教育と真面目なサービス(例えばこのウェブサイトのような)で、トランスジェンダーウーマンに対する社会の見方を変えることができると信じています(彼らの友達や恋人を含めて)。私たちは世界中のトランスジェンダーウーマンと彼女たちを愛する男性に最高の出会いを提供し、それがみんなが求めていることだと信じています。

プロジェクト概要

私たちのアットホームなチームはトランスウーマンのスタッフで構成されていて(プロジェクトリーダーはトランスウーマンと婚約したフランスの青年ですが)拠点はフィリピン(マニラとセブ)です。このWeサイトの開発、管理、運営すべてを行っています。

ほとんどの方にはお会いしたことはありませんが、このサイトを愛し、支えてくださる世界中のすべての仲間にこの場を借りて感謝を申し上げたいと思います。みなさんはこのプロジェクトの仲間でどれほど感謝しても足りません。本当にありがとうございます!

歴史

トランスセクシャルの女性が愛情のある関係をつくるためのきちんとしたウェブサイトを作るというアイデアは、個人の観察から生まれました。ていない、まともなやり方でトランスセクシャルの女性を表現する出会い系サイトは一つもなくポルノや売春婦と似た形で彼女たちを表現していました。プロフィールにはヌード写真、ペテン師やセックスワーカーが載せられていました。まともなトランスセクシャルの女性はこういったウェブサイトから離れるか、他の選択肢がないためにいやいやながらも参加しました。その結果、トランスセクシャルの女性を好む多くの男性(そして社会)は、トランスセクシャルの女性が売春やポルノに関連しているという誤解を抱いてしまっているのです。

2011年—それは一冊の本から始まりました

Cyril Mazurは自分自身の経験と想いに基づき、自分と同じ境遇でレディーボーイとの愛を探している男性の為の本を出版しました。マニュアル本のようなものです。トランジェンダーを愛する男性が自分自身とトランスジェンダーウーマンをより良く理解することができます。トランスジェンダーウーマンとの真実の愛を探すガイドとしてとても役立つものです。

2012年—世界初真面目なトランジェンダーウーマンと紳士のコミュニティー

読者からの依頼を受けて、Cyrilはトランスジェンダーウーマンと彼女たちを愛する紳士のためのFacebookコミュニティーを創りました。目的は:トランスジェンダーウーマンとの愛とお付き合い、トランスジェンダーの権利にについて真剣に語る場所を提供することです。世界初のコミュニティーでポルノや売春は厳しく禁止しています。

2013年—MyLadyboyDateがオープン

本やFacebookではトランスジェンダーウーマンがオンラインでひどい扱いを受けていることがわかります。これが真面目な出会い系サービスを誕生させたきっかけです。私の仕事の傍ら数ヶ月の開発期間を経てMyLadyboyDateは2013年3月に公開されました。

2014—MyTranssexualDateがオープン

1年後、西洋のトランスセクシャルを対象に2つ目のサイトであるMyTranssexualDateを作りました。西洋のトランスセクシャルは"レディーボーイ"という名前を聞いても自分たちの事だと思っていないということが分かったからです。アジアでは日常的に聞かれる一般的な言葉ですが、西洋ではむしろポルノや売春をイメージさせる言葉なのです。そのため2つ目のサイトを立ち上げ、西洋のメンバーがMyLadyboyDateを使用することでカルチャーショックを受けずに済むようにしたのです。